「14才の母」 の紹介


「14才の母」は、その名の通り14才(中学2年生)にして、恋人との子供が出来てしまう。頼りにならない恋人や、家族の悩み、妊娠報道など、数々の困難の中・・・。

2006年10月~12月に放送された日本テレビのドラマ(視聴率は20%前後)。

主役・一ノ瀬未希(14)は志田未来、その母・一ノ瀬加奈子(42)は田中美佐子、父・一ノ瀬忠彦(45)は生瀬勝久、恋人・桐野智志(15)は三浦春馬でした。 その他、未希(14)の理解ある叔父・三井マコト(33)として次長課長の河本準一が登場しています。


数値などの出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
このページ(「14才の母」)のトップへ
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

ピックアップ情報

「BABY BABY BABY!」出産コメディ/観月ありさ・松下由樹
「BABY BABY BABY! -ベイビィ ベイビィ ベイビィ!-」は、大手出版社の旅行雑誌編集者として働く30代女性.....

出産適齢期はいつ?
みんなはどうなの?統計から考える出産適齢期理想通りかどうかは別として、最も高い出産率は29歳です。 「30.....

25歳で出産
年齢的にも 精神的にも ベストな出産時期だと思います。仕事をしている 女性に とっての25歳前後は「仕事が楽しい」「仕事にやり.....

40歳で出産
40歳での出産は、この日を 待ちわびていた 人たちの 気持ちを 考えると 感慨無量です。 子供にとっても、みんなから かわいがって もらえるかも。.....

できちゃった結婚おめでた婚
本人たちの意思とは裏腹に、赤ちゃんができてしまったことで、結婚!ということに・・・一般的な理想形は、『恋愛→結婚→.....

その他特集・データ編

Copyright © 2010 出産時期と結婚適齢期を本気で考えましょ!コンシミュ. All rights reserved