「心」「体」「チャンス」の最適なタイミングとは?

みんなはどうなの?統計から考える出産適齢期

理想通りかどうかは別として、最も高い出産率は29歳です。 「30歳前までに・・・」というのが 一つの目標になってるからかも。

でも、こういうデータを見ると30歳前後でも、まだまだって思えますね。

また若く出産した人の場合は、子育てを通じて、目立つ存在になれるかも。 子供の頃、若いお母さんって輝いて見えませんでした? 周りとの関係で、今はもっと輝いて見えるでしょう。

「体」から考える出産適齢期

体からみた出産の理想年齢は、意外にも20代後半と言われてます。 諸説ありますが、卵子の状況や、母体のコンディションなど 20歳後半にピークが来るそうです。 体力的には もっと若い方が良さそうな イメージもありそうですが、そうではないんですね。

とはいえ医療も発達してますし、10代でも 40歳過ぎでも 健康的な赤ちゃんを 無事出産してる人はたくさんいます(芸能人も結構いますよね)。 ですので、年齢だけに あまり神経質に なるほどのこと ではないでしょう。

「何人子供が欲しいか?」にもよりますが、体的には20代後半を中心とした出産が理想的ということで、例えば、3人子供が欲しいとすれば、体力回復を考慮して年子を避けるとすれば、25歳、27歳、29歳での出産といったところでしょうね。 いろんな事情が関わってきますので、なかなか予定通り いかないものですけどね。

ちなみに25歳で結婚した私の場合、2回の流産があって3回目の妊娠で無事出産できました。28歳での第一子出産です。結婚当初は すぐできると思ってたんですけどね。 このように、流産や不妊の可能性など、思い通りにいかないこともあります。 早目の出産を目指すのに越したことはないですね。

「心の準備」から考える出産適齢期

心の準備には、友人など周りの影響が かなり関わってくるでしょう。 「友人がみんな独身でバリバリ働いてるよ」という人より、友人の出産話が絶えない 環境にいたほうが、自然に出産に対する 心の準備は できやすいです。

どうしても、周りの環境に 影響を受けやすい 要因ですね。 何にしても、「子供が欲しい」「生みたい!」と思ったときが、「心の準備」的にはベストの時期です。

ところで、年齢を重ねるにつれて、病気や失敗などの リスク面の情報・知識も増えて、若い頃には あまり感じなかった、「焦り」や「不安」を より感じやすくなります。

そういう意味では、年齢が進むほど、「心の準備」が できやすくなる 傾向のようです。

運命の出会いや、両親のサポートなど、「環境」から考える出産適齢期

子供をつくるには 相手が必要ですので、自分だけじゃなく 相手とのタイミングが不可欠。 出会いなど、自力だけでは どうにもならない部分もありますね。

子供を迎え・育てるために 生活面の準備もありますね。 若い方が 経済力でみると不利でしょうか。

一方で、両親が若いうちなら、両親の体力的にも経済的にも サポートが期待できるかも。 孫を楽しみにしている 親は多いものです。

人生設計から考える出産適齢期

出産時期によって、その後の人生は大きく変わります。

例えば、子育てを通じて お付合いするママ友達や、両親からのサポート、両親の老後の介護、子育て後の自分たちの生活、・・・・。

自分たちの理想は、どんな人生? 出産年齢によって違う 自分の人生を 想像してみるのも なかなか楽しいですよ(ドラマや映画を参考にしながら)。 あなたは、どの人生に 一番魅力を感じるでしょうか?

 → → 子育て後も若い!10代の出産
 → → 若いと驚かれる!20歳の出産
 → → 若いほうです!25歳の出産
 → → 今時の主流!30歳の出産
 → → そろそろね!35歳の出産
 → → 結構います!40歳の出産

自分の出産適齢期は?

出産適齢期を考えるとき、関わってくる いろいろなことを、ここまで 一つひとつ考えてみました。

どれも大事なことですので、どれを重視するかによって、あなたにとっての出産適齢期は変ってきますね。

自分の理想の出産適齢期が見つかったら、こんどはその出産に向けて行動するだけですね。

恋人がいる人は、その恋人との理想の成就に向けて、がんばりましょう。

もし まだ恋人がいないとすれば、まずは「出会い」。そして「恋」「お互いの理解」に進みましょう。

近頃は、「ある程度の年齢でも 結婚を全く意識しないで つきあう人」や、「最後まで結婚に踏み切れない人」も多いので、恋人がいるのに 結婚や出産が遠い ということもあります。

案外、今は恋人がいなくても、婚活を通じて 結婚に対する意識が強い相手と巡り会うことで、恋人がいる人より むしろ早く結婚する人も多いです。

男性の場合、仕事や生活力の向上に一生懸命になりすぎて、女性の出産適齢期のことに気づかず、結婚を 先延ばし に考える傾向があります。

自分の出産適齢期での出産のためには、 恋人がいる人は 出産について 相手と一緒に考えていくことが 大事ですし、 これから出会いを探す人は、結婚や出産について 共感が持てる 相手を見つけることが 大事ですね。

このページ(出産適齢期はいつ?)のトップへ
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

ピックアップ情報

ランニング+婚活:スポーツで仲良く
ランニングをしながら 出会いのチャンスを見つける「ランコン」と呼ばれる婚活があることを知ってますか?朝早く、ランニングコースで有名な皇居の周りを走.....

出産適齢期はいつ?
みんなはどうなの?統計から考える出産適齢期理想通りかどうかは別として、最も高い出産率は29歳です。 「30.....

遠距離恋愛
「恋人が仕事の都合で遠くに引っ越さなければならない」など、離れ離れの遠距離恋愛になってしまうこともあります。遠距離恋愛は、二人の気持ちをより高めるきっかけ.....

出産難民
医師不足や助産師不足が出産にも影響が・・・自分の住む地域に産科がなかったり、産科があっても予約が一杯で断られたりする場合があります。(産婦人科でも.....

アラフォー女性の婚活
晩婚化が進み、アラフォーの結婚も今ではごく普通35歳からは 40歳を中心とした「アラフォー」に仲間入り。 時間の流れは、早いですね。 結婚の.....

その他特集・データ編

Copyright © 2010 出産時期と結婚適齢期を本気で考えましょ!コンシミュ. All rights reserved