出産難民 について


医師不足や助産師不足が出産にも影響が・・・

自分の住む地域に産科がなかったり、産科があっても予約が一杯で断られたりする場合があります。(産婦人科でも分娩はしないというところもあります。)

こういう事態を喩えて「出産難民」といい、社会問題となってます。

過去のニュースを見ると、たとえば都内で破水した妊婦さんが、救急車で搬送先を探して3時間以上。 やっと受け入れてもらえたのが神奈川県川崎市。

数日後に赤ちゃん(22週の超未熟児)は亡くなってしまいました。 母親は赤ちゃんに何度も何度も「ごめんね~」っていっていたそうです。

出産難民はこれから先、もっと深刻になっていくと予想されてます。

せっかく授かった赤ちゃんを産みたくても、うめないなんてことはあってほしくないです。

お産は24時間いつ始まるか分からないので、産婦人科の医師や助産師、看護師は過酷な労働体制を強いられる傾向があります。

病院に事前にお産の予約はしていても、予想外に早く破水してしまったり、予定通りいかないこともあります。

国や地方でも大きな問題として早急に対応してもらいたいですね。


このページ(出産難民)のトップへ
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

ピックアップ情報

35歳で出産
医学の上では、35歳から の出産を「高齢出産」と いいます。「高齢出産」という 言葉だけ みるとマイナス的な イメージが ありますが、芸能人.....

失恋・別れ
恋愛成就にはいろいろ乗り越えなければならない壁もあります。付き合い始めの頃は相思相愛なはずなのに、なんらか.....

流産
流産は妊娠はするものの、その後出産まで赤ちゃんが育つことができないことです。「おめでたですよ~」と妊娠の喜びでいろんな楽しいこ.....

出産難民
医師不足や助産師不足が出産にも影響が・・・自分の住む地域に産科がなかったり、産科があっても予約が一杯で断られたりする場合があります。(産婦人科でも.....

結婚力の無料診断
婚活版 EQ(心の知能指数)を知る。 そしてベストな婚活探し。自分でも 気づいていない 自分を発見するチャンスかも.....

その他特集・データ編

Copyright © 2010 出産時期と結婚適齢期を本気で考えましょ!コンシミュ. All rights reserved