出産難民 について


医師不足や助産師不足が出産にも影響が・・・

自分の住む地域に産科がなかったり、産科があっても予約が一杯で断られたりする場合があります。(産婦人科でも分娩はしないというところもあります。)

こういう事態を喩えて「出産難民」といい、社会問題となってます。

過去のニュースを見ると、たとえば都内で破水した妊婦さんが、救急車で搬送先を探して3時間以上。 やっと受け入れてもらえたのが神奈川県川崎市。

数日後に赤ちゃん(22週の超未熟児)は亡くなってしまいました。 母親は赤ちゃんに何度も何度も「ごめんね~」っていっていたそうです。

出産難民はこれから先、もっと深刻になっていくと予想されてます。

せっかく授かった赤ちゃんを産みたくても、うめないなんてことはあってほしくないです。

お産は24時間いつ始まるか分からないので、産婦人科の医師や助産師、看護師は過酷な労働体制を強いられる傾向があります。

病院に事前にお産の予約はしていても、予想外に早く破水してしまったり、予定通りいかないこともあります。

国や地方でも大きな問題として早急に対応してもらいたいですね。


このページ(出産難民)のトップへ
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

ピックアップ情報

遠距離恋愛
「恋人が仕事の都合で遠くに引っ越さなければならない」など、離れ離れの遠距離恋愛になってしまうこともあります。遠距離恋愛は、二人の気持ちをより高めるきっかけ.....

不妊
子供は欲しいときになかなかできないということも。 その原因の一つに不妊があります。結婚したら子供ができるのが当たり前のこ.....

両親の期待・祖父母の支援
孫の顔が早く見たいという、両親の願いを感じてませんか?かわいい孫のため、いろいろやってあげたいと考える人は多いです。そんな祖父母からの支援を.....

私の結婚適齢期で幸せをつかむ
結婚適齢期を逃す人 ・ 逃さない人自分の望む結婚適齢期に幸せを つかめるか? つかみ損ねるか? まず最初の.....

アラサー女性の婚活
「私、結婚します!」 同期や友人、知人の結婚話が増えてきて・・・25歳から 30歳を中心とした「アラサー」に仲間入り。 そろそ.....

その他特集・データ編

Copyright © 2010 出産時期と結婚適齢期を本気で考えましょ!コンシミュ. All rights reserved