出産難民 について


医師不足や助産師不足が出産にも影響が・・・

自分の住む地域に産科がなかったり、産科があっても予約が一杯で断られたりする場合があります。(産婦人科でも分娩はしないというところもあります。)

こういう事態を喩えて「出産難民」といい、社会問題となってます。

過去のニュースを見ると、たとえば都内で破水した妊婦さんが、救急車で搬送先を探して3時間以上。 やっと受け入れてもらえたのが神奈川県川崎市。

数日後に赤ちゃん(22週の超未熟児)は亡くなってしまいました。 母親は赤ちゃんに何度も何度も「ごめんね~」っていっていたそうです。

出産難民はこれから先、もっと深刻になっていくと予想されてます。

せっかく授かった赤ちゃんを産みたくても、うめないなんてことはあってほしくないです。

お産は24時間いつ始まるか分からないので、産婦人科の医師や助産師、看護師は過酷な労働体制を強いられる傾向があります。

病院に事前にお産の予約はしていても、予想外に早く破水してしまったり、予定通りいかないこともあります。

国や地方でも大きな問題として早急に対応してもらいたいですね。


このページ(出産難民)のトップへ
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

ピックアップ情報

両親の期待・祖父母の支援
孫の顔が早く見たいという、両親の願いを感じてませんか?かわいい孫のため、いろいろやってあげたいと考える人は多いです。そんな祖父母からの支援を.....

30代女性の婚活
「長くつきあった彼と別れて・・・」「仕事に夢中になってたら・・・」 でも大丈夫。これからです。「結婚を意識した彼がいたけど、やむなく別.....

女性介護士・介護従事者の素敵なパートナー探し!婚活と結婚
素敵な出会いが きっと待ってます介護に関わる仕事は、お年よりなどと接する機会は多いですが、出会いは 案外少ないかも。でもね。 .....

「BABY BABY BABY!」出産コメディ/観月ありさ・松下由樹
「BABY BABY BABY! -ベイビィ ベイビィ ベイビィ!-」は、大手出版社の旅行雑誌編集者として働く30代女性.....

30歳で出産
「女は30から」なんて 言葉をよく聞きますが、まさに 今の時代 30歳から ですね。最近の出産年齢を 調べてみても、ピーク年齢は なん.....

その他特集・データ編

Copyright © 2010 出産時期と結婚適齢期を本気で考えましょ!コンシミュ. All rights reserved