流産 ということも


流産は妊娠はするものの、その後出産まで赤ちゃんが育つことができないことです。

「おめでたですよ~」と妊娠の喜びでいろんな楽しいことを想像したのに、流産すると一気に悲しい気持ちになります。

流産を一度経験すると、また流産するのでは・・・という不安に襲われがちです。

若い女性でも10人に1人は流産してしまうこともあるようです。はっきりした原因はわかっていません。

妊娠すると10カ月後には赤ちゃんが産まれるということが当たり前のことに思われていますが、そうでない人もいます。

でも私の周りには、流産という悲しい経験をした人が結構いますが、ほとんど元気な赤ちゃんを授かっている人が多いです。

だからあきらめないで前向きな考えで待望の赤ちゃんが授かることを望んでもらいたいですね。

このページ(流産)のトップへ
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

ピックアップ情報

30歳で出産
「女は30から」なんて 言葉をよく聞きますが、まさに 今の時代 30歳から ですね。最近の出産年齢を 調べてみても、ピーク年齢は なん.....

遠距離恋愛
「恋人が仕事の都合で遠くに引っ越さなければならない」など、離れ離れの遠距離恋愛になってしまうこともあります。遠距離恋愛は、二人の気持ちをより高めるきっかけ.....

不妊
子供は欲しいときになかなかできないということも。 その原因の一つに不妊があります。結婚したら子供ができるのが当たり前のこ.....

両親の期待・祖父母の支援
孫の顔が早く見たいという、両親の願いを感じてませんか?かわいい孫のため、いろいろやってあげたいと考える人は多いです。そんな祖父母からの支援を.....

私の結婚適齢期で幸せをつかむ
結婚適齢期を逃す人 ・ 逃さない人自分の望む結婚適齢期に幸せを つかめるか? つかみ損ねるか? まず最初の.....

その他特集・データ編

Copyright © 2010 出産時期と結婚適齢期を本気で考えましょ!コンシミュ. All rights reserved