見落としがち 女性と男性の意識の違い

結婚適齢期を逃す人 ・ 逃さない人

自分の望む結婚適齢期に幸せを つかめるか? つかみ損ねるか? まず最初のハードルは 【出会い】。 そして【恋】をして、【おつきあい】を通じて関係を育みます。 でも【結婚】まで到達するためには、また いくつか 二人で越えるべきハードル があります。 時間も大切です。 結婚適齢期を逃さないって簡単ではないかも。

恋人との楽しい時間を過ごすことは、すごく大事なことです。 でも それだけでは 結婚まで とどきません。 実際、何年も つきあったのに 結婚に踏み出すことなく 終わるカップルも多いです。 ですので 恋人はいたけど 結婚適齢期を逃したという人が 意外に多いんです。

結婚に向き合えない【人】 ・ 向き合えない【時期】

年齢がある程度いっても、何年も つきあっている恋人がいても、なかなか結婚に踏み出せない男性は、残念なことに結構います。

また、人それぞれ 結婚に向き合えない【時期】もあったり。 「仕事が大事な時期だから 結婚は少し待って」とか、「もう少し自由でいたい」とか・・・ お互いの意識の違いから、気持ちのすれ違いが始まることも。。。

「そろそろ結婚したい」と思っても、相手が結婚に向き合える状態じゃなければ、うまくいきっこないです。 それなら 相手がその気になるまで、何年でも待つか? あるいは その相手とは別れて、別の出会いを探すか? 意見の分かれるところです。

人生が大きく変る 結婚。 だから、つきあいが長いほど 「独身・恋人ありという居心地のいいポジション」を捨ててまで、決断することが難しい のかもしれないですね。

よくある話で、つきあっていても何年も結婚を意識しなかった人が、分かれて間もなく 別の人と結婚した という話も聞きます。 その人にとっては、【恋人との別れ】が 結婚と真剣に向き合うための 【きっかけ】になったのでしょう。 実は、そのぐらいショックな事が起こらないと、結婚と真剣に向き合う事ができない人もいます。

意中の相手に 結婚を意識させるか?
結婚意識の高い人から 意中の相手を見つけるか?

相手の結婚に対する意識を高めることって かなり難しいことかもしれないです。 出産年齢が気になる女性と違い、 男性の場合、「経済力がついてから」とか、「仕事や生活が安定してから」といったことを重視して、女性より 結婚時期を先送りする傾向 もあります。

そんな相手の言い分ばかり聞いていたら、時間はどんどん過ぎてしまうかも。 たとえ待つにしても、限度はありますね。

案外、恋人がいなくて 婚活を始めた人のほうが、早く結婚するという場合も。 もともと 結婚意識が高い人から、意中の相手を見つけるという 発想ですから、当たり前のこと かもしれないですね。

ですので、今 恋人がいなくても慌てることはないかも。 逆に、今の恋人が「ホントに結婚する気があるのか?」不安を感じるなら、婚活についても少し考えたほうがいいかも。

【出会い】を偶然任せにしないために

近頃は、昔と違い「結婚相談所」や「結婚情報サービス」を積極的に活用することも 一般的になりました。

なにかと忙しい現代、しかも 出会いのチャンスも限られてます。 考え方が多様化しており、独身の同年代でも 結婚に関心の低い人も 多いですからね。

つまり、結婚に前向きな人を結ぶ 「結婚情報サービス」は 時代にあった 手段ということですね。 しかも、普通の出会いなら、気まずくなるのが心配で なかなか聞けない「年収」などの情報も事前に知ることも可能です。

近頃の婚活事情は、かなり充実してます。 忙しい人でも、インターネットの活用で 無理なく婚活できる仕組みになっていたり、様々なイベントで趣味の合う人と一緒の活動を通じて、より自然な出会いができたり。

もちろん、結婚を前提にしたものなので、出会えればいいというわけではないですね。 紛らわしい 出会い系 には注意です。

マラソン、ボランティア活動、読書、ハロウィンパーティー、・・・いろいろな出会い

一緒にマラソンで汗を流し、シャワー後一緒に朝食の「ランコン(ランニング婚活)」。
ボランティア活動(ゴミ拾い)後に一緒の朝食の「エコん活」
・ 一足早めのクリスマスパーティー
ハロウィンパーティー
スポーツ好き合コン(スキー・スノーボードなど)
お見合いバスツアー
朝読書  ...etc

普通に楽しめそうなイベントですよね。 でも どれも、婚活なんです。 結婚情報サービスの「パートナーエージェント」が企画して行ったイベントやパーティーです。

いろいろなシチュエーションでの 出会い がありますね。 ほかにもあります。 興味のある事で 共通の時間を過ごすと、きっと ほかでは見られない その人の一面を 目にできるでしょう。 また、共通の時間を 過ごした分だけ、もっと自然に接することも できそうですね。

パートナーエージェントは、関東エリアにお住まいの独身の方の強い味方。
婚活
↑ クリック ↑
専任コンシェルジュが出会いをサポート。 多種多様なスタイルでの出会いのきっかけとなる、様々なパーティやイベントも目が離せないです。


【出会い】→【恋愛・お互いの理解】→【結婚】のスピードアップ

理想の相手を探すなら、結婚情報サービスを上手く利用することは、今時の常識です。

費用はかかっても、結婚情報サービスなら、希望のお相手と会える可能性も高いですし、普通なら なかなか聞けない年収などの情報も知る事ができたり。

【出会い】に始まり、【お互いの理解】、【恋愛】、そして【結婚】へと続くプロセスも、結婚情報サービスを上手く活用することで、きっとスピードアップできるはず。 もし一度で成功しなくても、出会いを通じてしか 学べないことも 多いです。

この一歩(↓)が、あなたの幸せに続く、重要な第一歩になるかも。

まずは、あなたの結婚力を 診断してみましょう。
利用はカンタン。 たった2分の 入力だけ (簡単な 質問と プロフィール)。
結婚チャンステスト
↑ クリック ↑
この結婚力診断は、オーネットでの お相手候補 とのマッチングを 知る シミュレーションです。 カンタンですし、試して 損は ないはず。 どんな お相手候補 と出会えそうか? まずはチェック!
オーネットは 業界最大級の会員数の結婚相談所です。全国に拠点があり 婚活をサポート。 PCや モバイルも 活用できるので、忙しい人でも 無理なく 婚活が続けられるでしょう。


「婚活は、 お金がかかりすぎて・・・」と戸惑ってる方へ

実際、有名な結婚情報サービスを利用すると、1年間在籍した場合で20万円~30万円程度の費用を要する場合が多いです。

でもね。無理なく気軽に 手頃な価格で 安心して利用できる サービスもあります。 それは「ユーブライド」。あのライブドア(livedoor)が運営するサービスです。

1999年以来10年以上の実績。そして50万人が利用、年間1500組のカップル誕生、24時間体制の婚活サポート、 ・・・ でも、なんといってもリーズナブルな料金体系
例えばバリュープランなら、31日間で男性1,800円 / 女性980円。 入会金は無料。
自分のプロフィールを入力して、相手を探して、交際を申込むシンプルな仕組み。
youbride(ユーブライド)
↑ クリック ↑
公式HPに掲載の石田純一さんの「恋に効く名言」、心にグサッときます。 「気づき」に溢れたアドバイスだから、自然になっとく。 これからの力になりそうな予感もたっぷり。


結婚情報サービス どんな人が利用?

「オーネット」と「ユーブライド」の利用者は こんな感じです。

【データの出典・参考】
 ・ ライブドアの結婚情報サービス「youbride(ユーブライド)」 の公式HP
 ・ オーネット の公式HP

ネット完結型の「ユーブライド」と、結婚相談の「オーネット」の、それぞれのタイプの特徴が、データの違いとして 表れてます。

ともに、30代後半を中心に、広い世代の方に利用されてます。 たくさんのパートナー候補や、ライバルたちが、あなたより一足先に婚活を始めてます

若さも魅力の一つ。だから できるだけ 早く行動することも 理想の出会いを 早く見つけるコツです。


このページ(私の結婚適齢期で幸せをつかむ)のトップへ
***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

ピックアップ情報

できちゃった結婚おめでた婚
本人たちの意思とは裏腹に、赤ちゃんができてしまったことで、結婚!ということに・・・一般的な理想形は、『恋愛→結婚→.....

高齢出産のリスク
35歳以上の初めての出産を医学上では高齢出産といわれています。体からみた出産の理想年齢は、20代後半と一般的に言われてます。 諸説ある.....

結婚適齢期はいつ?
みんなはどうなの?統計から考える結婚適齢期理想通り かどうか は別として、最も高い結婚(初婚)年齢は25~29歳です。「30歳前までに・・・」というのが .....

20代前半女性の婚活
世間的には早いと思われる? でも自分の人生だから、早い遅いは自分で決める。例えばね。『23歳で結婚&寿退社、 24歳で出.....

アラフォー女性の婚活
晩婚化が進み、アラフォーの結婚も今ではごく普通35歳からは 40歳を中心とした「アラフォー」に仲間入り。 時間の流れは、早いですね。 結婚の.....

その他特集・データ編

Copyright © 2010 出産時期と結婚適齢期を本気で考えましょ!コンシミュ. All rights reserved